車購入動機で多いのは?

車の購入動機のほとんどはデザイン性だと言われています。
確かに特別走る状況が変わらないことが多い最近の道路事情にとって性能はさほど重要なことではないかもしれません。
私も車はファッション性のじゃれてた買い物だと思っています。
車は性能だと言うばかりに、スピードが出てエンジンの反応も良く、コーナリングの時の始まりもしっかりしていて不安定がなく、ブレーキも良い車、という高機能な車の基本形ができたとしましょう。

 

そこには車は性能さえよければ問題がないとなります。
ですがそこにデザイン無視のボディーを載せたら全くと言って売れないということになります。
実際にブルーバードは車のデザインで損をしていると思います。

 

1963年から67年まで作られた車です。とても頑丈そうで、まさに技術の日産にふさわしい車であると思います。性能的には本当に恐ろしい車だと思います。ですが尻下がりに見えるデザインが、マイナスにはたらいてしまったようです。このデザインは評判があまりよくなく、やがてコロナに人気を奪われてしまいました。

 

そこでその後1967年にスーパーソニックラインというボディーデザインをまとい、
新型のブルーバードとして蘇りました。
性能もさらに良くなって、直線的で洗練されたデザインは、
時代にぴったりと合い、コロナド再び販売台数で競うようになりました。
こういった事実のもとに、デザインが優先され、ファッション性が要求される来るまであるなら、車のデザインにしっかりとしたデザイナーを用意するべきだと言うことになりました。

 

もちろん性能は無視できません。ですが今の道路事情においては、基本的な性能があれば後は乗り心地良さデザイン性がとても重要のではないでしょうか。

 

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

新車はいつ買う?
新車はいつ買うかについて
車の試乗は大切
車の試乗について
リコール該当車の比率
リコール該当車の比率について