新車はいつ買う

新車を買うなら1年後がベストかと思います。

 

最初の1年間は、新型車にとって細かいところの不具合が出るかと思います。
メーカーはそれに対応することになり、対策を考えることになります。

 

アップロードテストで完璧な状態で繰り出すことができても、乗る人間が変わってはそれなりの問題が表面化してきます。そのため仕様は予告なく変更することになります。

 

ですが1年も経てば問題はすることなくなってきます。
要するに、初回で出た車と知らないうちに中身が改良されてよくなっているというのが1年後だということです。
しかしながら、外見上にはほとんど変化はありません。

 

 

図面上、製品に何ら問題が無くても、現実的には不具合が起しまうことが多いのです。
設計者の予想だにしなかった要因が重なったりするからでしょう。
部品も単体では何の問題もなく昨日していたとしても、組合わされて作動したときに、相性が悪くトラブルが発生することが少ながありません。

 

これはどんなに技術が進歩してもゼロになることありません。
全てをコントロールすること人間ができないということです。

 

だからこそメーカーは思いつくあらゆるテストを行いテストコースで車を走らせるのです。
ですが自動車のテストコースは種類にも限界があります。

 

発売された後運転者がどういった所走るか、どのような運転技術を持っているかによってもその後の状態は全然違うものとなってしまいます。
この状態をクリアして、少しずつ改良されていき安定していくのが1年後なのではないかなと思うんです。

 

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

車の購入動機で多いのは?
車の購入動機について
車の試乗は大切
車の試乗について
リコール該当車の比率
リコール該当車の比率について