リコール該当車の比率

世の中に発売された車の約15パーセント以上がリコール該当車だというデータがあります。

 

リコールはとても重要なことです。

 

例えばブレーキが急きょきかなくなってしまったとしても、それが人為的なミスでおこしまったことなのか、車のあらかじめの問題として存在していたことなのか、事故を引き起こしてしまってからでは非常に証明しにくくなります。

 

車の部品には約3万点もあります。

 

それのどの部分が不良でこなたと証明するのは私にとってはとても難しいことです。

 

ほとんどの場合不可能に近いと言っていいでしょう。
リコールとは、メーカーに義務づけられた不良箇所を無償で回収修理する制度です。

 

販売した対象者全てについて回収修理するわけです。
そのため各メーカーは車に特別なことがない限りできるならリコールをやりたくないというのが本音ではないでしょうか。

 

ですがそれもかなり昔までの話です。
最近では迅速にリコールを出して早く対処することによってメーカーの信頼度が上がってきています。

 

リコールを受けてもなかなか車を修理に持っていけない人も多いかと思います。
ですがなるべく時間を作って修理に出すようにしましょう。

 

メーカーによっては家にまで取りに来てくれるメーカーもあります。
命に関わる問題もありますのでできるだけ早い対象しましょう。

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

車の購入動機で多いのは?
車の購入動機について
新車はいつ買う?
新車はいつ買うかについて
車の試乗は大切
車の試乗について