車メンテナンス

車のメンテについて

オートマチックミッションとは、自動のクラッチを装備しているトランスミッションのことです。トルクコンバーターを標準装備している複雑なメカニズムを言います。これらは、油圧を使って制御されています。このオートマチックミッションをコントロールするオイルのことをautomatic transmissionフルードと呼んでいます。ミッションの中のこの機能を持っていて、オートマチックミッションのメカニズムを作動させる役割を持っています。オートマチックミッションを正確に作動させるためには、安定した油圧を維持することが重要です。そのために、ポンプが常に作動していて、オイルを平均的に供給し続けなければなりません。...
全身4足行進一束のマニュアル車に対応するオートマ車のクラッチは、日本のプラネタリーギアで構成されているのが一般的になりますが、最新のオートマ車では三個のプラネタリーギアを使用しています。これを切り替える作業は、複雑な油圧回路を経て行われることになります。もちろんエレクトロニクスで制御されています。オート回メーカーの作り方により様々な機能もっとタイプがあります。出力と経済性などの組み合わせを任意に変更できる走行プログラムを持ったもの、マニュアル車のように設定したギアを固定することができるもの、変速ショックを軽くしてくれる5速のオートマ等が当たります。一般的なオートマ車のデメリットになる反応の遅れ...
トランスミッションには、手で操作する手動式と自動式の2種類があります。一般的にはマニュアル、オートマチックの2種類あります。マニアルにも種類があります。マニアルは床についているシフトレバーを操作して切り替えることになります。またステアリングの脇についているレバーを操作するタイプもあります。マニュアル車のトランスミッションの内部には、メインシャフトとカウンタシャフトと言われる二本のシャフトが平行に配置されています。メインシャフトに装着されている際は、自由に回転するようになっています。その周りのカウンターシャフトには回転数同調機能付きのギアが装着されています。マニアルの車はギアをかみ合わせることに...
車のタイヤの回転数はエンジンの回転数より少なくなるように設定されています。エンジンの回転力をまるまるタイヤに送るだけでは、車は動かないかとになります。大きいもの、小さいもの、両方の歯車を噛み合わせ、小さな歯車を回転させると小さな力でも大きな歯車を動かすことが可能になります。しかしながら、大きな歯車は小さな歯車の回転するよりも少ない回転数しか必要としません。重量の思い車の車体を動かすためにこういった特性を利用しています。自動車のギアはトランスミッションに含まれています。普通の車では、4個から6個の前進ようと、1個の後進ギアが装着されています。そのためどのギアを使用するかによって車の走り方が全く違...
ガソリンを燃焼させるためには酸素が必要です。シリンダー内にガソリンだけを入れても、燃焼はおきません。酸素は大気中に20パーセントほどありますが、この大気とガソリンと適当な割合で混ぜた混合気が大切になります。混合気を作るシステムには大きく分けると2つあります。1つ目は、キャブレターと呼ばれるものです。ノズルのついた密閉した容器の中に、空気と水を入れることにより、ノズルから勢いよく空気を紛失させると空気の圧力により、水が吸い出され霧状となって空気とともに噴出することになります。キャブレターは、燃料を一時的にためるフロート室の先にノズルがついています。エンジンを回転させると、空気が勢い良く通路を通り...
燃料の爆発による燃料ガスの温度は、とても高くなります。さらにエンジン内の摩擦熱がプラスされるためパーツが膨張してしまったり変形したり、潤滑油の機能が低下しノッキングなどが発生しやすくなります。こういった問題をさけるためにエンジン内にウォータージャケットをつけ、冷却水を流し、熱を放散させ、エンジンの温度を適温な状態に保つのが冷却系メカニズムになります。冷却系のメカニズムとは、ラジエーターラジエーターホースウォーターポンプ冷却ファンサーモスタット等で構成されています。ウォータージャケットを通じ冷却水が循環することになります。冷却水の温度は8度が適温とされていますが、実際には何倍にも上昇していること...
ディーゼルエンジンはガソリンエンジンとは違ったメンテナンスが必要になります。ディーゼルエンジンでは、ガソリンエンジンに比べ、燃料の消費量が少なく、寒いときであってもいちどエンジンが買ってしまえば、始動した直後であってもスムーズに走り出すことが可能です。低速トルクがあり、耐久性も高いことがメリットになります。ガソリン車からディーゼル車に乗り換えた場合、メンテナンスにおいて一番初めに驚くことがあります。それはエンジンオイルの劣化が激しいということです。これはエンジンそのものの構造が違うためです。ディーゼルエンジンは、シリンダー内に燃料を直接、微粒子の状態で吹きつけることになります。この時、微粒子の...
車を走らせる前に、必要になってくるのがウォーミングアップです。車のウォーミングアップとは、暖気運転のことになります。冷えたエンジンとミッションの機械部分に従来の潤滑機能をもさせるための予備運動となります。近年のガソリンエンジンでの車は、燃料噴射やオートチョークのおかげで、暖気運転をしなくても、すぐに走行することが可能です。ですがエンジンにとってはあまり良いこととは言えません。気温の低い季節には、ガソリンエンジンは冷え切っていると、ガソリンが気化しにくいため着火しにくくなります。そのため、混合気の比率を濃くする必要があります。その段階で、無理に走り去っしてしまうと、カーボンが発生しやすくなってし...
十字レンチはクロスレンチと思います。ホイールの取り外しにとても便利な工具になります。ホイールナットに合わせて、4種類のサイズを用意した十字型になっています。そのタメ、強力なトルクをかけられるのが特徴なります。レンチを外したりといった作業が必要になりませんので、比較的、楽な作業が可能になります。ソケットレンチも大切な車のメンテナンス工具となります。ボルトやナット閉めたりゆるめたりすることなります。ソケットレンチは、数種類のハンドルにソケットを差し替えて使うのが特徴的です。ハンドル部分には、ラチェットを装備しているので、回す方向を指定することができます。そのためいちいち回す方向をボルトなどに差し替...
応急処置的なメンテナンスであれば、車載工具でも問題ないかと思いますが、しっかりとしたメンテナンスもしたいという人の場合には、やはり市販の工具が必要になってきます。車のメカニズムをしっかりと理解することができれば、本格的なメンテナンスもそれほど昔ものとは言えません。愛着の持てるしっかりとした工具で、メンテナンスするという事は、車に対しても安全面や信頼面としても重要なことです。車によく使われているネジのサイズは大体3ミリから6ミリなります。この範囲のドライバーをきちんと集めようと考えれば、最低、三本のドライバーが必要ということになってきます。車載工具におけるスパナは、ボルトを回せるレベルの弱いもの...
ジャッキハンドルタイヤジャッキを操作するために存在するのが、このジャッキハンドルになります。一体化しているものや、先端が丸くなった棒状のタイプなどがあります。一体型のものは、ジャッキに当てて使うタイプのものとなります。棒状のタイプは、ホイールシャフトの一方ホイールナットレンチに差し込むタイプのものが多くなります。ホイールナットレンチホイールを止めているナット緩めたり、締めたりするための工具になります。レンチのヘッド部分にナットを当てて、ナットを緩めることになりますが、一般的にはかなり強いトルクで締め付けであるのがホイールナットになります。そのためレンチのヘッド部分をしっかり使うことになります。...
車が走るときに、いちばん大切な役割を果たしているのが、タイヤともいえます。車が道路と接している唯一のパーツになります。タイヤが問題であるという事は、車が走らない一番大きな原因ともなります。特に、高速道路等で走る場合にはとても重要になってきます。高速走行中に、タイヤに問題が発生してしまえば、完全に大事故になるといえます。また、パワーステアリングなどのアシスト的なシステムも大切になってきます。タイヤから伝わるフィーリングをドライバーに伝える役目を担っています。タイヤの点検項目としては、タイヤの摩耗の状態、トレッドやサイドウォール部分の傷、空気圧がどのぐらい入っているかといった3点が主になります。タ...
ガソリンスタンドなどに行くと、ウォッシャー液を無料で補助してくれるサービスもありますね。ウォッシャー液が少なくなっても、車の走行上は問題がありません。走るといった意味では全く支障がないのです。そのためあまり気にしていない方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、ウォッシャー液を使わない状態でワイパーを動かしてしまうと、ワイパーのゴム部分がすり減ってしまったり、ガラスに傷をつけてしまったりすることになります。いざワイパーを使おうとした時にないと潤滑剤としての役割が全く期待できなくなってしまうということになります。また、クーラーのガスをチェックすることも大切です。こちらも車の走行自体には影響あ...
エアクリーナーとは、エンジンにきれいな空気を供給するためにゴミなどを取り除くフィルターになります。そのため必ず汚れが蓄積されていくことになります。汚れたままにしておくとエンジンの調子が不調になってしまったり、エンジントラブルを引き起こす原因にもなります。定期的に交換が必要になってきます。汚れを取ることができると、エンジンの調子は一気に良くなるものです。エンジンそのものから、ダクトが伸びていますので、その先に黒い樹脂製の円筒型をしている容器がエアクリーナーボックスになります。その中にエアクリーナーが収納されています。それほど汚れていない状態であるならば、圧縮空気などで吹き飛ばすことができます。一...
ATフルードのレベルを確認することも大切です。一般的な車の場合、ATFと刻印されている場合が多いことになりますが、オイルレベルゲージと同じような形をしています。車を止めている場所なので、オイル漏れが確認できた場合などにはしっかりとチェックしておくことが大切です。そのような時に、オイルレベルゲージと同じように下限よりもレベルが下がっていた場合は、急いで整備工場でフルード交換することが大切です。ATフルードの交換には特殊な工具が必要になってきますのでご自分で行うことができないと考えておきましょう。パワーステアリングを動かすためにフードをためておくのが、リザーブタンクになります。このパワーステアリン...
あまり車に詳しくない人でも、バッテリーの名前は知っている事でしょう。バッテリーはそもそも車を動かす原動力となります。どのような状態でも、車を作動させるにはバッテリーが必要になってきます。キーをひねってエンジンをかけることになりますがこの初動動作を行う時にもバッテリーの充電がされてなければ車は全く動かないことになります。バッテリーのチェックポイントとしては、バッテリーのボディーにされている上限と下限の間にバッテリー液がきちんとあるかどうかを調べことが大切です。最近ではメンテナンスフリーといったバッテリーも発売されていますが、液体自体は減っていくことになりますので期間が来たらチェックする必要ありま...
エンジンルーム内にあるベルトと言えば、一般的な車種には三本あることになります。電気を発生させるために必要なのが、オルタネーターベルトパワーステアリングポンプを作動させるため必要なるのは、パワーステアリングベルトそして、エアコンを動かすために必要になってくるのが、エアコンベルトになります。またエンジンの種類によっては、ラジエーターの冷却ファンを駆動させるためにファンベルトが必要になります。各ベルトがひび割れを起こしていないかをチェックすることが大切です。ブレーキシステムをコントロールする摩擦を発生させるのが、ブレーキフルードになります。この液量がしっかりと入っているかをチェックすることが、とても...
車の冷却装置とは、ラジエーターラジエターホースラジエータリザーブタンクなどが挙げられます。こういった機器に水漏れがないかをチェックすることになります。点検の方法としては、水漏れを発生しやすい冷却パーツ同士の結合部分などを中心に調べることが重要です。さらに、車を止めている間、漏れた水の後がないかを確認することも良いでしょう。ご自分の車のリザーブタンクがどこにあるのか、確認しておくことも大切です。このタンクには、上限と下限のマークがついています。このマークの間に水位が1していれば大丈夫です。ただし、確認するのはエンジンが止まって冷えている時にしましょう。メンテナンスを行う際には、上限までクーラント...
車のエンジン部分は車にとって心臓部分だといえます。エンジンを見てもいまいち何がどうなっているのか全くわからないので無頓着な方が多いかと思いますがしっかりとチェックすることが大切です。運転前のエンジンルームのチェックはトラブルを未然に防いでくれます。まず大切なのがエンジンオイルのレベルをチェックすることです。エンジンオイルは車にとっての血液のようなものを意味します。最も大切と言っても過言ではないかもしれません。しかしながら、エンジンの形やエンジンがどのような形で搭載されているかでこのレベルは変わってきます。レベルゲージのヘッドの部分が丸のようになっていて、指を引っ掛けるようになっているか、オイル...
エンジンが動いているときに、触媒装置の状態を示しているのが、この計器になります。触媒装置が正常であるのであれば、排気温度計エンジンのスイッチを入れた時に点灯します。エンジンが始動すると自動的に消灯します。触媒装置の内部温度がとても高くなってしまった場合、点灯して異常を知らせてくれるのです。もしこのランプが点灯してしまったら、スピードをゆるめてやることが大切です。それでもさらにランプが点灯しているようなのであれば、速やかに車を路肩に駐車するようにしましょう。この時、マフラーなどが異常に熱くなっていることもあるので近くに燃えやすいものがないように気をつけて停止することが大切です。そのままエンジンを...
ドアウォーニングランプ、このランプは、ドアを開けた時や半ドアの時などに点灯するようになっています。走らそうとしたときにこのランプが点灯していたらもう一度ドアをチェックする必要あります。充電警告灯これはエンジンが動いているときにきちんとバッテリーに充電がされているかを示す役割があります。正常に機能しているか、エンジンスイッチをonにした時に点灯します。エンジンが始動すると消灯するようになっています。ブレーキ系の状態を示すのが、ブレーキオーニングランプです。エンジンのスイッチがオンになっているときに、パーキングブレーキをかけたまま、ブレーキフルードが不足している、ディーゼル車ではブレーキブースター...
運転を始める前には各メーター類のチェックをしておくことが大切です。メーターの役割はとても大切です。うっかりメーターの表情を見落としてしまうと走っているときに気づいてパニックになることもあります。メーターは車の今の健康状態を示していると言えるからです。メーターが表していることをしっかりとチェックするようにしましょう。まずはヒューエルメーターのチェックです。ヒューエルメーターとは、ガソリンの残量を示すききとなります。エンジンスイッチをオンにして、エンジンが動いているときに確認するのが通常となります。次に水温計です。水温計はエンジンにとってとても重要な役割を示しています。エンジンの冷却水の状態をチェ...
車を乗り出す前にしっかりとチェックしとくなければ危険になってしまうという項目があります。こういった事はきちんと守り安全に運転をしたいものです。またこういった項目をきちんとチェックしておくことで車自体の寿命を延ばすことにもなります。シートに座ってエンジンをかけてすぐに走り出す形がいらっしゃいます。しかしながら車はいくら自分で理解していたとしてもあくまで機械になります。その日のコンディションをきちんとチェックしておくことが大切です。まずはシートに座ったら、ドライビングポジションを確認しましょう。ドライビングポジションは腰の位置がポイントになります。正面を向いて余裕を持ってハンドルに手が届き、しかも...
車の構造は大きく分けると、まずエンジンがあります。そのエンジンといっても、いろいろな方式があります。車の用途などによって搭載されているエンジンのタイプは全く違ってきます。それに、メーカーによってもメカニズムはかなり違いが出てきます。そして、そのエンジンから搾り出されたパワーを路面に伝えるのが駆動系と集まりになります。クラッチやサスペンション、ステアリングなどがこの分野に含まれます。いろいろなパーツを包み込むボディーは、安全性が考え抜かれた暮らしぶり構造であったり、色々なメーターが安全な走りを守ってくれます。車の振動であるエンジンのメカニズムを大きく分けると、4サイクルエンジンが主流になっていま...