自動車冷却装置点検

車の冷却装置とは、

  • ラジエーター
  • ラジエターホース
  • ラジエータリザーブタンク

などが挙げられます。

 

 

こういった機器に水漏れがないかをチェックすることになります。
点検の方法としては、水漏れを発生しやすい冷却パーツ同士の結合部分などを中心に調べることが重要です。

 

 

さらに、車を止めている間、漏れた水の後がないかを確認することも良いでしょう。

 

ご自分の車のリザーブタンクがどこにあるのか、
確認しておくことも大切です。

 

 

このタンクには、上限と下限のマークがついています。
このマークの間に水位が1していれば大丈夫です。
ただし、確認するのはエンジンが止まって冷えている時にしましょう。

 

 

メンテナンスを行う際には、上限までクーラント補充液を入れることが大切です。

 

もし点検するときに水が下限よりも下にあるときは、補充液を入れることに加えて、
ラジエターキャップを開け、ラジエーター内の水量チェックすることも大切です。

 

 

この水量が少なければ午後からも補充する必要があります。
水漏れを起こしていることがしっかりチェックしなくてはなりません。
冷却系の機械は慎重に調べる必要があります。

 

 

特に気温の高い季節等には、この冷却装置はとても大切になってきます。
長距離の旅行するときなどの前にはきちんとチェックしておくことが大切です。

 

高速道路の走行中にオーバヒート起こしてしまうといろいろな意味で危険になります。
出発する前にしっかりと補充しておくことが大切です。

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

自動車の構造
自動車の構造について
車の寿命をのばす乗り方
車の寿命をのばす乗り方について
運転前のメーター確認
車の計器?レッドランプ
排気温度計、エンジン警告灯、断線警告灯
エンジンチェックの方法
自動車のベルトの張りとブレーキフルード
自動車のベルトの張りとブレーキフルードについて
車のバッテリー点検方法
車のバッテリー点検方法など
ATフルード交換〜時期やタイミングなど
ATフルード交換について
エアクリーナー洗浄交換
エアクリーナー洗浄交換について
ウォッシャー液とクーラーガス
ウォッシャー液とクーラーガスについて
車のタイヤ点検方法
車のタイヤ点検方法について
車載工具の種類
車載工具について
おすすめの車の工具
おすすめの車の工具について
車のクロスレンチとプライヤー
クロスレンチとプライヤーについて
車のウォーミングアップ
ディーゼルエンジンのメンテナンス
ディーゼルエンジンのメンテナンスについて
冷却系メカニズム
冷却系メカニズムについて
キャブレターとインジェクション
キャブレターとインジェクションについて
車のギアシステム
車のトランスミッション
最新AT
オートマチックミッションフルード