車ウォーミングアップ

車を走らせる前に、必要になってくるのがウォーミングアップです。

 

車のウォーミングアップとは、暖気運転のことになります。
冷えたエンジンとミッションの機械部分に従来の潤滑機能をもさせるための予備運動となります。

 

 

近年のガソリンエンジンでの車は、燃料噴射やオートチョークのおかげで、
暖気運転をしなくても、すぐに走行することが可能です。
ですがエンジンにとってはあまり良いこととは言えません。

 

 

気温の低い季節には、ガソリンエンジンは冷え切っていると、
ガソリンが気化しにくいため着火しにくくなります。

 

 

そのため、混合気の比率を濃くする必要があります。
その段階で、無理に走り去っしてしまうと、カーボンが発生しやすくなってしまい、
何回もやってしまうとエンジンの調子を落とす原因となってしまいます。

 

 

エンジンをかけた直後には、オイルはまだオイルパンの中に溜まっています。
十分にエンジンオイルがまわっていないことになります。

 

 

この状態のまま走り出してしまうと、エンジン内のパーツが摩耗することによって、
ドライスタート現象を引き起こすことになります。

 

エンジンにとってとても大切なオイルがエンジン内に満たされてから発進するのが大切です。

 


油圧警告灯
が消えるまでは、発進しないようにしましょう。

 

季節が冬の場合には、オイルの粘度が硬くなっています。
そのため、オイルの浸透性も低下してきますので、暖気運転はとても重要です。

 

 

だからといってウォーミングアップにあまりにも時間かけすぎてしまうと、燃費が悪くなってしまいます。
バランスをとって行うようにしましょう。

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

自動車の構造
自動車の構造について
車の寿命をのばす乗り方
車の寿命をのばす乗り方について
運転前のメーター確認
車の計器?レッドランプ
排気温度計、エンジン警告灯、断線警告灯
エンジンチェックの方法
自動車のベルトの張りとブレーキフルード
自動車のベルトの張りとブレーキフルードについて
自動車の冷却装置の点検
自動車の冷却装置の点検について
車のバッテリー点検方法
車のバッテリー点検方法など
ATフルード交換〜時期やタイミングなど
ATフルード交換について
エアクリーナー洗浄交換
エアクリーナー洗浄交換について
ウォッシャー液とクーラーガス
ウォッシャー液とクーラーガスについて
車のタイヤ点検方法
車のタイヤ点検方法について
車載工具の種類
車載工具について
おすすめの車の工具
おすすめの車の工具について
車のクロスレンチとプライヤー
クロスレンチとプライヤーについて
ディーゼルエンジンのメンテナンス
ディーゼルエンジンのメンテナンスについて
冷却系メカニズム
冷却系メカニズムについて
キャブレターとインジェクション
キャブレターとインジェクションについて
車のギアシステム
車のトランスミッション
最新AT
オートマチックミッションフルード