ディーゼルエンジンメンテナンス

ディーゼルエンジン

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンとは違ったメンテナンスが必要になります。
ディーゼルエンジンでは、ガソリンエンジンに比べ、燃料の消費量が少なく、
寒いときであってもいちどエンジンが買ってしまえば、始動した直後であってもスムーズに走り出すことが可能です。

 

低速トルクがあり、耐久性も高いことがメリットになります。
ガソリン車からディーゼル車に乗り換えた場合、メンテナンスにおいて一番初めに驚くことがあります。

 

 

それはエンジンオイルの劣化が激しいということです。
これはエンジンそのものの構造が違うためです。

 

 

ディーゼルエンジンは、シリンダー内に燃料を直接、微粒子の状態で吹きつけることになります。
この時、微粒子の燃料が燃焼しますが、同時にススが発生します。
それがエンジンオイルについてしまいます。

 

 

そして、すすがオイルに混ざってしまうと、オイルの粘度が上がってしまい、オイルの劣化を早めてしまうのです。

 

 

そのため、ディーゼル車の場合、メンテナンスは、
メーカー指定のグレードと交換時期を守ることが重要です。
オイルの汚れがひどければ、早めにエンジンオイルの交換をすることは大切です。

 

 

車の中にセットされているインジケーターの燃料、
水分分離警告灯が点灯したら、燃料フィルターの下に設けられているコックをあけ、水分を取り除くようにしましょう。

 

 

ディーゼルエンジンでは、機械式の燃料ポンプを採用しています。
そのため原料に水分が多量に仕込まれてしまうと、噴射ポンプなどが焼き付き起こしてしまいエンジン故障の件になってしまう可能性があります。

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

自動車の構造
自動車の構造について
車の寿命をのばす乗り方
車の寿命をのばす乗り方について
運転前のメーター確認
車の計器?レッドランプ
排気温度計、エンジン警告灯、断線警告灯
エンジンチェックの方法
自動車のベルトの張りとブレーキフルード
自動車のベルトの張りとブレーキフルードについて
自動車の冷却装置の点検
自動車の冷却装置の点検について
車のバッテリー点検方法
車のバッテリー点検方法など
ATフルード交換〜時期やタイミングなど
ATフルード交換について
エアクリーナー洗浄交換
エアクリーナー洗浄交換について
ウォッシャー液とクーラーガス
ウォッシャー液とクーラーガスについて
車のタイヤ点検方法
車のタイヤ点検方法について
車載工具の種類
車載工具について
おすすめの車の工具
おすすめの車の工具について
車のクロスレンチとプライヤー
クロスレンチとプライヤーについて
車のウォーミングアップ
冷却系メカニズム
冷却系メカニズムについて
キャブレターとインジェクション
キャブレターとインジェクションについて
車のギアシステム
車のトランスミッション
最新AT
オートマチックミッションフルード