冷却系メカニズム

エンジンの温度を適温な状態に保つ

燃料の爆発による燃料ガスの温度は、とても高くなります。
さらにエンジン内の摩擦熱がプラスされるためパーツが膨張してしまったり変形したり、潤滑油の機能が低下しノッキングなどが発生しやすくなります。

 

 

こういった問題をさけるためにエンジン内にウォータージャケットをつけ、
冷却水を流し、熱を放散させ、エンジンの温度を適温な状態に保つのが冷却系メカニズムになります。

 

 

冷却系のメカニズムとは、

  • ラジエーター
  • ラジエーターホース
  • ウォーターポンプ
  • 冷却ファン
  • サーモスタット
等で構成されています。ウォータージャケットを通じ冷却水が循環することになります。

 

 

冷却水の温度は8度が適温とされていますが、
実際には何倍にも上昇していることが多いのです。

 

 

あまりにも冷却水の温度がたかくなってくると、
冷却水は気化してしまうことになるのですが、ラジエターキャップによって加圧されているので液体のまま循環できるよりなっています。

 

 

水温が下がって、冷却水の膨張率が低下することになればリザーブタンクにためられた冷却水が戻ってくるので、
冷却水を失うことありません。

 

 

ラジエターの中には、冷却水が通過する細い管がたくさん作られています。
これは冷却の効果を高めるために付けられています。

 

 

ラジエターの外側は冷却ファンと言う波上のコアになっています。
外部の空気がコアを冷却することによって冷却水の温度を上げる仕組みになっています。

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

自動車の構造
自動車の構造について
車の寿命をのばす乗り方
車の寿命をのばす乗り方について
運転前のメーター確認
車の計器?レッドランプ
排気温度計、エンジン警告灯、断線警告灯
エンジンチェックの方法
自動車のベルトの張りとブレーキフルード
自動車のベルトの張りとブレーキフルードについて
自動車の冷却装置の点検
自動車の冷却装置の点検について
車のバッテリー点検方法
車のバッテリー点検方法など
ATフルード交換〜時期やタイミングなど
ATフルード交換について
エアクリーナー洗浄交換
エアクリーナー洗浄交換について
ウォッシャー液とクーラーガス
ウォッシャー液とクーラーガスについて
車のタイヤ点検方法
車のタイヤ点検方法について
車載工具の種類
車載工具について
おすすめの車の工具
おすすめの車の工具について
車のクロスレンチとプライヤー
クロスレンチとプライヤーについて
車のウォーミングアップ
ディーゼルエンジンのメンテナンス
ディーゼルエンジンのメンテナンスについて
キャブレターとインジェクション
キャブレターとインジェクションについて
車のギアシステム
車のトランスミッション
最新AT
オートマチックミッションフルード