ラジエーター液点検方法

ラジエーター液の点検

ラジエーター液の点検に関係している記事をまとめています

ラジエター液を交換する場合には、サビが多く混ざっているのであれば、ラジエーター洗浄ケミカルお使い、ラジエター内をまずきれいにすることが大切です。その後、ラジエーターの下にあるコックを開き、ラジエーター液を排出するようにします。同時に、ヒーターコアにつながっているホースも外すようにすれば、ラジエーター液も交換することが可能です。エンジンをかけた状態にして、ヒーターの温度調整を外側にして、ヒーターを全開にしながら、ラジエーターの吸水口に放送差し込み、水道水を入れます。このようにして、きれいに洗浄してドレンボルトをしめ、元通りにします。そして現在の季節に合わせて、クーラント濃度をきちんと合わせ、ラジ...
ラジエーター液の汚れのチェックは、リザーブタンクで行います。しかしながら、タンクの周りが汚れてしまっていることが多いので、ラジエターキャップを開けてラジエター内汚れをチェックすることが必要です。錆びてしまったり、凍結してしまったりことすることを防止してくれる効果のあるラジエーター液もあります。これはLLCと呼ばれます。LLCの寿命は2年位です。ラジエターの状態や希釈率によっても汚れの程度が変わってきます。できるだけ多めにに点検することも必要です。LLCは、薄い赤やグリーン色をしていれば正常ということになります。劣化が進んでくると、茶色や黒っぽく汚れたような感じになります。LLCの濃度は適正に保...
エンジンのシリンダーの中は、とても高温になります。その温度は2000度とも言われています。そのため、シリンダーヘッドやピストンも高温になってきます。この状態で常に走り続けていると、エンジンを構成する金属などが膨張してしまったり、変形してしまったり、トラブルを起こす危険性があります。さらに、エンジンオイルの状態が変化してしまい、油膜切れ起こしてしまうことも考えられます。また、ノッキングやプレイグニッションなどの、点火の異常を引き起こすこともあります。このような異常をオーバーヒートといいます。その逆で、エンジンの温度が冷えすぎてしまうと、オーバークールといいます。エンジンが冷えすぎてしまうと、ガソ...