ラジエーター液減る

オーバーヒートとオーバークール

エンジンのシリンダーの中は、とても高温になります。
その温度は2000度とも言われています。

 

 

そのため、シリンダーヘッドやピストンも高温になってきます。
この状態で常に走り続けていると、エンジンを構成する金属などが膨張してしまったり、
変形してしまったり、トラブルを起こす危険性があります。

 

さらに、エンジンオイルの状態が変化してしまい、
油膜切れ起こしてしまうことも考えられます。

 

 

また、ノッキングやプレイグニッションなどの、点火の異常を引き起こすこともあります。

 

 

このような異常をオーバーヒートといいます。
その逆で、エンジンの温度が冷えすぎてしまうと、オーバークールといいます。

 

 

エンジンが冷えすぎてしまうと、ガソリンは聞かしにくくなってきます。
この状態になってしまうと、燃料をたくさん必要としなくてはならなくなるので、燃費が悪くなってきてしまったり、
車自体の出力の低下になってくることがあります。

 

 

もし、燃料がシリンダー内に残ってしまったとすれば、
オイルと混ざってしまい潤滑不良を引き起こすことも考えられます。

 

 

オーバーヒートやオーバークールを招かないためには、エンジンの温度を一定にキープする必要があります。
この温度感じを行ってくれるのか、冷却系の装置になります。ラジエターです。

 

 

ラジエーターを常に正常に叩かせるためには、ラジエーター液が適用に入っていることが大切です。
ラジエーター液は、エンジンを冷却するだけに終わりません。

 

 

オートマ車のATフルードを冷却したり、その他の部分の冷却も行います。

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

ラジエーター液の質と量
ラジエーター液の質と量について
ラジエーター液の交換方法
ラジエーター液の交換方法について