ラジエーター液質量

ラジエーター液のクオリティー

ラジエーター液の汚れのチェックは、リザーブタンクで行います。

 

しかしながら、タンクの周りが汚れてしまっていることが多いので、
ラジエターキャップを開けてラジエター内汚れをチェックすることが必要です。

 

 

錆びてしまったり、凍結してしまったりことすることを防止してくれる効果のあるラジエーター液もあります。

 

 

これはLLCと呼ばれます。

 

 

LLCの寿命は2年位です。

 

 

ラジエターの状態や希釈率によっても汚れの程度が変わってきます。
できるだけ多めにに点検することも必要です。

 

LLCは、薄い赤やグリーン色をしていれば正常ということになります。
劣化が進んでくると、茶色や黒っぽく汚れたような感じになります

 

。LLCの濃度は適正に保たれていないと、オーバーヒートを引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

LLCの濃度が上がってしまうと、寒い時に凍結防止にはなりますが、
暑い季節になると濃度が逆にオーバヒートの原因になってしまうことがあります。

 

 

冬に凍結防止のためにクーラントの濃度を上げた場合なら、春になったら水を補充するのが一般的です。

 

 

オーバークールがつづくときには、冷却系のサーモスタットが、劣化している可能性があります。

 

 

冷却水に特別問題が起きなくても、ラジエターキャップがきちんと閉まらなくては危険です。
キャップの加圧弁やパッキングの具合が悪いと、冷却系の大切な気圧保持ができなくなってしまいます。

 

 

これは設定された温度が変わってしまうからになります。

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

ラジエーター液が減るなら?
ラジエーター液について
ラジエーター液の交換方法
ラジエーター液の交換方法について