エンジンオイルのトラブル

焼きつき

エンジンオイルがきちんとしたクオリティーを維持できていなかったりすると、焼き付きが起きてしまいます。

 

実際にはその前に、かなりの異音がエンジンから発生することになります。

 

 

この状態で適切な処置をとることができれば、最悪の状態は回避することが可能です。
適切な圧力を維持できるオイルの残量があったとしても、規定よりも少なくなってしまっていれば、オイルの温度が上がってしまうことになります。

 

 

そのためオイルそのものの劣化を早めてしまうこともあり、
オーバーヒート気味になってしまうことになります。

 

 

最近オイルの減り方が異常に早いと感じた場合なら、エンジンのシーリングが弱くなって起こるオイル漏れやオイルパンをぶつけた時に、オイル漏れを起こしていることも考えられます。

 

 

シリンダーの中に残っているオイルが、ガソリンと同時に少量ずつ減少してしまった時にもオイルは減ってゆくことになります。
さらに、車が古いものとなってしまうと、ピストンリングやバルブシステム周りが摩耗していたりすることが多いです。
そのためスキマが多くなってしまい、そこからオイルが漏れて、オイルの消費量が増えてしまうことになります。

 

 

このような原因で起こってしまうオイルのトラブルはとても多いものです。
出来る限り減少をチェックするためにも、オイルメンテナンスはマメに行いたいものです。

 

 

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

エンジンオイルの交換時期の目安
エンジンオイルの交換時期の目安について
エンジンオイルの劣化と対処法
エンジンオイルの劣化について
エンジンオイルの選び方とは?
エンジンオイルの選び方について
4ストロークエンジンオイル
4ストロークエンジンオイルについて
ターボチャージャー、ツインターボ
ターボチャージャーとツインターボについて
ターボチャージャーの欠点
ターボチャージャーの欠点について