エンジンオイル選び方

エンジンの違いによって必要になってくる性能

エンジンオイルは、エンジンの違いによって必要になってくる性能も違います。

 

つサイクルエンジンと方サイクルエンジンではそもそも
エンジン機能が大幅に違ってしまうのでオイルの質が違ってくるのも当然のこととなります。

 

近年の高性能なエンジンでは純正のオイルを使っていても、ほとんどメンテナンスが必要ないとなっているものが多いようです。

 

 

しかしながら、現在のハイクオリティ化したエンジンの基本的な機能維持するには、
エンジンの性能や使い方によってぴったり合っているオイルメンテナンスが必要になってくるのです。

 

 

エンジンが本来持っている初期の性能とは、走行性能、response、馬力、消費する燃料の量などのことです。

 

こういったものを基本的に変わらないように維持することが重要になってきます。

 

エンジンオイルが持っている役割は、

  • 減摩作用
  • 冷却作用
  • 密封作用
  • 洗浄作用
  • 腐食防止作用
なのです。異常なとても多い作用持たしてくれるエンジンオイルはとても重要なものとなります。

しっかりと選ぶことが大切です。

 

 

それぞれの車にきちんとあった性能の高いエンジンオイルを使用することが求められます。
この部分をおろそかにしてしまうことで、車自体の寿命を短くしてしまっている方も多いかと思います。

 

どのようなメンテナンスよりも先にエンジンオイルのメンテナンスはしっかり覚えておきたいものです。

 

 

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

エンジンオイルの交換時期の目安
エンジンオイルの交換時期の目安について
エンジンオイルのトラブル対処
エンジンオイルのトラブルについて
エンジンオイルの劣化と対処法
エンジンオイルの劣化について
4ストロークエンジンオイル
4ストロークエンジンオイルについて
ターボチャージャー、ツインターボ
ターボチャージャーとツインターボについて
ターボチャージャーの欠点
ターボチャージャーの欠点について