4ストロークエンジンオイル

4ストロークエンジンオイルの重要な役目

4ストロークエンジンオイルの重要な役目とはエンジンをかけた時にスムーズにすることがあります。
冬など気温が下がっているときに、固めのオイルを使っている場合には、十分なクランクスタートが得られないことがあります。

 

 

そのためエンジンの始動がなかなか難しくなっていくことが多いです。
特に気温がマイナスより下がってしまっている場合などには、さらにオイルの年度は固くなってしまうので、
より低粘度のオイルが必要となってきます。

 

 

そしてエンジンスタートの後に、エンジンの摩擦を役割としてもとても大切になってきます。
そのためには、流動性が必要となります。

 

 

ですが、暖気運転が終了すれば、次は十分な油膜粘度が必要となります。
金属の触れ合う部分を潤滑して、傷や摩耗を発生させないために、メタルやベアリングをエンジンオイルが覆うようにして、パーツをフローティングしてやることができれば、金属同士が触れることが少なく、摩擦の度合いを最小限に抑えることが可能です。

 

 

そのためある程度油の温度が高くなってしまっても、
今から消えてしまわないような粘度の高さがあるエンジンオイルが必要になってきます。

 

 

しかしながらオイルの粘度が高すぎてしまうと、オイルの流動抵抗によって、エンジンの動きを邪魔することにもなってしまいます。
そうなってしまうと、エンジンの馬力を引き出すために妨げとなってしまう、フリクションロスが増えてしまいます。

 

 

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

エンジンオイルの交換時期の目安
エンジンオイルの交換時期の目安について
エンジンオイルのトラブル対処
エンジンオイルのトラブルについて
エンジンオイルの劣化と対処法
エンジンオイルの劣化について
エンジンオイルの選び方とは?
エンジンオイルの選び方について
ターボチャージャー、ツインターボ
ターボチャージャーとツインターボについて
ターボチャージャーの欠点
ターボチャージャーの欠点について