ターボチャージャー欠点

排気ガスの温度

ターボチャージャーの問題に、排気ガスの温度があります。
爆発直後の高温の排気ガスを要することになるターボチャージャですが、
タービンローターのシャフトが高熱を置いてしまい、ローターのシャフトにつながるコンプレッサーの温度も上がってしまうことになります。

 

 

そのため、コンプレッサーを通り過ぎ、シリンダーに送り込まれる混合機の温度も高くなってしまいます。

 

 

また、気体は温度が上がってしまうと膨張してしまう性質があるので、
同じ体積の混合機でも、温度が高くなってしまえば、それだけ酸素濃度が薄くなってしまいます。

 

 

このため圧力を加えシリンダに送り込んだとしても思っていた通りの爆発力を得ることができなくなってしまいます。
こういった欠点を改善するために、混合機の温度を下げるインタークーラーなどが加えられています。

 

 

さらに、ターボチャージャーのデメリットを補おうという発想で生まれたのは、スーパーチャージャーになります。

 

スーパーチャージャは、エンジンの動力を機械的に取り出すことにより、コンプレッサーを促すシステムになります。

 

排気ガスを使用していないので、混合機の温度が上がってしまうことを避けることができ、
エンジンの回転と一緒になって過給できるため、タイムラグもなくなります。

 

しかしながら、スーパーチャージャにも欠点は存在します。
動力源が演じになってしまうので、エンジンの力を必要とすることになります。

 

 

そのためエンジンに負担がかかってしまいパワーが必要になります。
現在ではターボとスーパーチャージャーを併用、低回転域ではスーパーチャージャ、
高回転域ではターボが稼働するツインチャージャーなども発明されています。

 

 

>>>知っておきたいステップワゴン値引きの失敗談

【最新式】一括の無料中古車査定サービス〜各特徴

500社参加。電話は1本のみで、個人情報は流れない。提携ガソリンスタンドでの査定。
【公式サイト】
>>>https://ucarsatei.com/

ガリバーなどの大手の買取業者から地域密着の中堅業者までの査定先を選べる

【公式サイト】
すぐに概算価格がわかります
>>http://a-satei.com/


大手に絞って査定先を選びたい人向け
【公式サイト】
>>http://www.zba.jp/car-kaitori/


やっぱり楽天クオリティーで安心して頼みたい人向け

【公式サイト】
>>http://auto.rakuten.co.jp/

関連ページ

エンジンオイルの交換時期の目安
エンジンオイルの交換時期の目安について
エンジンオイルのトラブル対処
エンジンオイルのトラブルについて
エンジンオイルの劣化と対処法
エンジンオイルの劣化について
エンジンオイルの選び方とは?
エンジンオイルの選び方について
4ストロークエンジンオイル
4ストロークエンジンオイルについて
ターボチャージャー、ツインターボ
ターボチャージャーとツインターボについて